偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

■ 代表的な差別の2種類

その1:選好に基づく差別

 特定の種類の人々とはとにかく「関わりたくない」から行う差別
 ┗ 老人差別患者差別など

その2:情報に基づく差別

 特定の種類の人々が「能力的に劣っている」と信じるがゆえに行う差別
 ┗ 人種差別女性差別など

(~p97 『ヤバい経済学』  レヴィット&ダブナー著 東洋経済新報社)

 「偏見」は、実態とは違う特徴を強調して、他者をぞんざいな扱いで済ませてしまう「手抜き」だと言える。

 差別的な言動は「脳力が弱い人」で目立つ傾向がある。複雑な配慮をせずに偏見で済ませると、脳に負担がかからず簡単でラクな上、うっぷんばらしにもなることから、めんどくさがりな人は偏見にしがみつきやすい。

 「偏見を惹起すると頭が悪くなる」と言う調査結果もある。偏見情報は、不安や嫌悪などの脳の「感情機能」を活発にさせる。感情回路が活発になると、脳の論理的思考能力は機能がガタ落ちになるんだ。
 頭が悪い人が偏見に近づきやすい上、偏見を使うと、よけいに頭が悪くなる。

 自分は何をやっているのか、彼らはどうなっているのか、おりおり状況を客観視するためのタネとして使ってみよう。

スポンサーサイト

カテゴリー「スポンサー広告」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事務連絡

カテゴリー「事務連絡」











書籍関係の書庫は 科学に佇む書斎 にあります




論文のたぐいは 過去記事庫ラクーカン に並べてあります。








スポンサーサイト

公開されてもいいコメント

カテゴリー「偏見の心理 トリビア」

【 お名前 _ your name 】:さあね
【 メール(非公開:本人確認用) _ mail address 】:---@ezweb.ne.jp
【 あなたの中で最も割合が大きい属性は?(役割、立場、性質など) 】:実家で家事をしている 結婚できれば専業主ふの元隠遁者。
【 どのページについてのコメントですか ( URL など ) 】:
https://www.google.co.jp/search?q=ミニ特集:ひきこもり

【 コメント _ message 】:
「高齢化するひきこもりのサバイバルライフプラン親亡き後もいきのびるために」「ミニ特集ひきこもり」 「親の資産だけで生きていけるかを模索する・・・」の記事を読んだのですが、ひきこもり←そもそも蔑称)や、親の金で生活している人々を差別しているように感じました。少なくとも該当者としてはそう感じました。
自分たちへの偏見・差別にたいして書かれたものを探して
偏見で検索した結果「科学で偏見チェック!」に行ったのですが、そのような記事はなかったし、最新の記事で13年6月で終わっていたので、「科学に佇む」で検索しなおしたところ、ここに来たのですが〜…… ものすごく不愉快だし、傷つきました。「科学で偏見チェック!」 「科学に佇む記事倉庫 差別 偏見内集団偏向 ネポティズム」は閉鎖、削除したほうがいいんじゃないですか。そしてアナタはもう偏見・差別関係の記事は書かないほうがいいですよ。アナタだって偏見・差別でもって「ある特定の人々」を傷つけたのですから。それとも「ひきこもり」関連の記事を削除か訂正しますか?この矛盾をどうしますか? もしくは「ひきこもりや親の金で生活している連中だけは特例で差別していい!!」って宣言します?wwwwwwwwwwwwwww
暴走族や、やくざに関する記事もありましたが、見下したり、否定的な書き方はしてませんでしたね 暴走族、やくざの人達は自分たちの仲間で対等な人々と認めているんですね。

【 公開?プライベート? 】:公開されてもいいコメント _ open message


情弱さんのために閉鎖した科学に佇むブログを復活させる心づもりはないし morning




なんでこのタイミングでこんな時期はずれのトマトが飛んできたんだろうと不思議だったんだけど(こんなトマトの飛来は数年ぶりだ)、2日前にこれが出てたのと関係あるの?
    ↓
リンク 差別主義者は単に「頭が悪いだけ」であることが科学的に判明! 差別主義者誕生までの4ステップ [ガジェット通信 2014.11.09 16:51]

 
 
・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。