偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

「人種・民族」のタグを含む記事

  • 偏見の心理学→ スポンサーサイト


      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 偏見の逆を行って偏見を打ち消そうとする人々

    差別される人々は、偏見をはねのけるべく画策する「そのステレオタイプには該当しない私です」とふるまいがちになる被差別者 2013/04 PSYCHOLOGICAL SCIENCE People present themselves in ways that counteract prejudices toward their group 2013/04 LiveScience Discriminated Groups Strategize to Avoid Prejudice 差別的に見られている、偏見を持って扱われている、それはすなわち「**に属する人は、●●な連中に違い...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ テレビを見ると自信低下!視聴でお子さんのこころが傷つく場合

    白人男子以外の子は、テレビによって自己評価が低下する 2012/05 EurekAlert Study finds TV can decrease self-esteem in children, except white boys 白人男子はテレビの視聴でワクテカになるけれど、テレビを見ていた白人女子、黒人女子、黒人男子は、自己嫌悪に陥る傾向があるのです。テレビを見ていると、登場人物と自分たちを比較せざるを得ないわけでして。テレビに登場する白人男性は、権力を持ち、良い職に就いていて...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ テレビから感染する差別?ニュースをよく見る人ほど偏見が悪化する

    黒人に対する偏見は、ニュースを見るほど悪化する 2008/07 EurekAlert  Negative perception of blacks rises with more news watching, studies say ローカルニュースやネットニュースをたくさん見る人ほど、黒人に対する偏見が強めになる 「自分はちゃんと報道を追っていて、偏見を持たない人間なのだ」と思っていても、報道されるのは犯人は黒人、貧しい黒人、黒人は危ない、ばかり・・・ 報道では黒人は加害者として強調...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 敗因の解釈に差別観!スポーツ報道の表現に見て取れる人種差別

    メディアの試合解釈に見えてくる、職場の人種がらみ偏見 2012/02 EurekAlert Media portrayal of race in sports reveals biases in corporate world スポーツ報道に見られる人種についての描写は、実業界の偏見を明らかにします。アメリカには初の黒人社長がいるだろうし、トップ500企業には、初の黒人女性CEOがいる。しかし、トップ500企業のうち、最高経営責任者が黒人である会社はわずかに1%ぽっきり。その原因はなんなの...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 言葉狩りだけじゃ意味はない?テレビの画面から視聴者に伝わる偏見

    身振り手振りや表情から人に伝わる偏見 2009/12 Science【日本語記事】音声なしでもテレビから人種差別は伝わります「あからさまな人種差別的中傷や性差別的発言をテレビで聞くことはあまりないが、テレビで描き出される非言語的ふるまいや行動が、視聴者の人種的偏見に継続的な影響を及ぼしていることが研究者らによって報告された。」 2009/12 Science The Subtle Transmission of Race Bias via Televised Nonverbal Behavio...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 親が差別を受けていると、お子さんが病みがちになるかも

    親がかかえる逆境ストレスは、子供の健康に悪影響かも 2012/03 EurekAlert Perceptions of discrimination may adversely affect health of immigrants' children, NYU study shows母親が「自分は(民族や言語で)差別を受けている」とみなしている場合、子どもがお医者にかかる頻度が高くなる。母親が知覚している被差別ストレスが、14ヶ月までの乳幼児の健康にマイナスの影響として現れたのではないか。14カ月までの健康な幼...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 偏見を持ちにくいタイプの人はこんな人!

    偏見のない考え方ができる人ってどんな人?2007/11 【日本語記事】wired.jp 差別の根源は「否定的な連想を持ちやすい感受性」:研究結果 差別的でない人は、物事一般に関して「否定的な連想」をしない傾向が強い●白人のうち約7%は、偏見テストで測定される「偏見度」が顕著に低い。 これらの人は、人種問題に限らず一般的な物事に関して否定的な連想をすることが少ない。 2007/09 EurekAlert New study discovers why few ...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 言語で態度が変わりうる!使う国語を切り替えると偏見度合いが違ってくるかも

    バイリンガルの言葉の切り替えで、民族の好感度も切り替わる 2010/11 EurekAlert Language appears to shape our implicit preferences言語は私たちの考えに影響を及ぼすのみならず、好き嫌いをも左右しうる 2か国語を駆使できるバイリンガルさんたちで調査。 どちらの言語に切り替えるかしだいで、人種や民族に対する好感度が変化する。 社会集団に対する態度や好感度は、お天気や流行などの些細な要素によってかなり左右さ...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 「年寄りは衰えてあたりまえ」とみなす高齢者は衰えがち

    「悪化してあたりまえ」という偏見の結果、悪化を看過する 2006/02 EurekAlert Elders' stereotypes predict hearing decline  高齢者についてネガティブな偏見を持っている高齢者は、その後に耳が遠くなる率が高め。 加齢による聴力減退には、単純な身体の加齢以上に、社会心理学的な要因も関わっているんじゃなかろうか。 アメリカ・エール大学で、70歳の高齢者546人を対象に行われた調査: まず聴力を検査するととも...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 差別のされすぎはあなたの健康を害するおそれがあります

    人種差別はあなたの健康を害するおそれがあります 2012/01 EurekAlert Discrimination may harm your health, according to new Rice study 差別的な状況に遭遇した際、黒人の18%、白人の4%が、感情的ストレスや身体症状を訴える ふだん差別的状況に悩まされることが多いであろう黒人成人はもとより、人種的に不公平な扱いを受けた白人成人でも、健康がかんばしくない旨申告している。 数の上では、差別扱いに悩む白人は...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 「ヤツらは怖い」ヨソ者に対する恐怖は強くなりがち

    自分と同じ人種に対する恐怖より、異人種に対する恐怖のほうが、強く残りがち 2005/07 EurekAlert NYU, Harvard study shows fear learning is influenced by race「ヘビが怖い」「クモが怖い」なみに、異人種に対する恐怖は強く残りやすい 2005/07 MSNBC Race fears linger like dread of snakes 2005/08 News-Medical.Net   Human beings show greater persistence of learned fear toward members of another race than t...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 「外国人嫌い」の人が嫌うのは、たいがい「男」

    外国人恐怖症に驚くべき性差を見た 2009/02 Medical News Today Surprising Gender Difference In Xenophobiaぎゃー!ガイジンのオトコ!!「外国人嫌い」の人が恐怖する異人さんは、たいがい男なのだ外国人嫌いでも、女の異人さんなら抵抗は薄いらしい軽い条件付実験で、異人種に対する恐怖感がどのくらい持続するものか、調べてみました。異人種(外集団)に対する恐怖は、被験者本人と同じ人種に対するものに比べて長く尾を引...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ えこひいきの心理:ヒトは自分に似ている者に甘いかも

    見た目が自分に似ているほうの人をひいきしがちな私たち生物学的ネポティズム&ルックスの進化心理学 2002/06 Independent Let's face it: in the game of life, familiarity breeds trust  ヒトは、自分と見た目が似ている相手に対しては、わりと「疑わしきは罰せず」と寛容に扱ってしまう傾向があるらしい。 逆に言えば、自分とはあまり似ていない人物に対しては、同じ程度の疑わしさであっても厳しく疑うということだ。 ...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 避難民の子供たちと仲良くなる偏見突破術

    偏見、それは友達がいないから? 2005/11 EurekAlert Getting to know you: How familiarity breeds respect When someone in our social group makes friends with someone from another background, the chances are that our own prejudices will break down百聞は一友にしかず 社会的偏見を解消する手っ取り早い方法は、偏見相手と仲良くなること。 仲間の誰かが、異なる社会的背景の誰かさんを友人になさったなら、それ...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 性差別や人種差別が格差社会を招くわけ

    性差別も人種差別も精神的な機序は似通っている 2011/11 EurekAlertBoth sexism and racism are similar mental processes 偏見的な態度は、特定の社会集団について「彼らは**な人間だ」とする仮定を元に展開される。「女は男より劣っている」「女は母性愛的であり守られるべき存在だ」などの性差別的なもののみかたが強い人は、人々は平等に扱われなくてもよい、とみなしがちなのです。もともと性差別は、権威主義や支配欲な...
      → 全文を表示する

・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。