偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

「人種・民族」のタグを含む記事

  • 偏見の心理学→ スポンサーサイト


      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 困窮は被災者本人の自己責任だと見る偏見

    ハリケーン・カトリーナをめぐる人種偏見の発露 偏見がない人は、被災者がじゅうぶんな援助を受けられていないとみなす 偏見を持つ人は、被災者はじゅうぶん援助を受けており、困窮は被災者本人の自己責任だとみなしがち 2010/01 EurekAlert Study shows people's racial biases can skew perceptions of how much help victims need彼らはどのくらいの援助を必要としているのかその見積もりは、偏見の有無によって変わってく...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ あなたは差別を感じると浪費するタイプ?

    差別のコストはこんなところに「嫌な思いをするくらいなら、もっと代価を支払いますよ」 2011/10 EurekAlert Study finds minority consumers will voluntarily pay more for goods and services to assert statusステータスと人種と代価:人種的地位と自発的支払いの研究まともな扱いをされないのは人種差別のせいなのか!的な不安を感じた黒人は、白人の客よりもっと支払うことによって、まともな扱いを確保しようとなさいまし...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる!

    ステレオタイプが自己評価や学習能力に及ぼす影響 2004/12 American Psychological Society Stereotypes can impact self-assessment and learning ability「**な人は○○だ」のような先入観や暗示に影響されやすいマイノリティでは、自己の能力を過小評価しがちになる傾向が観察された。 もとよりマイノリティは「能力が低い」暗示に晒されているので、むべなるかな。 ネガティブな偏見の対象になっていると、能力が十分発揮...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 偏見持ちの人の成績を下げるコツ

    偏見感情に駆られた人は脳機能が一部麻痺する偏見の代価 2003/04 The price of prejudice: Interactions with minorities can sap mental capacity 特定の人種に強く差別的感情を抱く人を、その差別対象の人と同席させると、思考に大事な脳の「実行機能 executive function」の働きが、速攻で低下した。いきおい、直後におこなった頭を使う難しいテストの成績も低下。対照的に、差別対象ではない人と人種差別について意見を交わし...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 異なる立場の親友がいる子は成績が良い

    異人種の親友を持つ子は成績がよい 2008/04 Test Scores Go Up with Best Friends of Different Raceマイノリティのお子さんを調べてみると・・・異なった人種の親友をお持ちのお子さんは、おしなべて学業成績が明らかに優良。(2002年アメリカ、1万3134人の高校生データを解析)黒人系やヒスパニックの子は、親友が異人種の場合、同じ人種の親友を持つ子に比して算数と読み書きが優秀。アジア系の子で異人種の親友を持つ子は、読...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ まずいクラス分けは子どもを伸ばさない

    多様な子と組めば、子どもは伸びる ●特定の層だけが通う学校で学んでいると・・・社会でうまくやる能力が伸びない?2008/08  Campus diversity important predictor of interracial friendships 学校内に人種や民族の多様性が高いと、交友能力がアップします特にマイノリティは、白人より友情多様性が高めになるんです●多様な生徒が通う学校は、子どもの社交能力を向上させる2008/07  Diversity in primary schools promotes har...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 女の偏見には月一回の波がある

    危険日は、ヨソ者男が嫌いな日 2011/06 EurekAlert Prejudice linked to women's menstrual cycle  月経周期によって、女性が持つ偏見には強弱があるようですよ。 受胎可能な時期にある「危険日の女」は、異人種の男や、ヨソ者の男に対する偏見が強くなるんですね。ただし、その男に「肉体的・物質的な脅威」の気配を感じたときにだけ、偏見(嫌悪バイアス)が強く出ます。 同じ人種・仲間内、の男が「肉体的・物質的な脅威」...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 服を変えると人種も変わる

    着ている服が違うだけで、人種が違って見えちゃうよ 2011/09 EurekAlert Changing race by changing clothes衣装で偏見チェック! ビジネススーツを着せると白人だとみなされやすい 作業着を着せられると黒人だとみなされやすい2011/09 BBC News Clothes influence race perception ←写真あり2011/09 Looking the Part: Social Status Cues Shape Race Perception 白人と黒人の顔をモーフィングで混ぜて、「とっても白人〜...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 性差別と人種差別、どっちが痛い?

    女性のマイノリティは性差別より人種差別で影響を受ける 2011/07 U of T research suggests female minorities are more affected by racism than sexism 女性差別でも人種差別でも、差別の被害者になる立場である、人種的マイノリティの女性たち。 アメリカでは、同じような差別でも、人種ネタで差別された場合と性差ネタで差別された場合、彼女たち的には人種差別のほうがよほど精神にズシンと来てしまうんだそうな。 ・・・...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 小学校で始まる民族差別体験

    僕はみんなとは同じじゃない 2011/08 EurekAlert Awareness of ethnicity-based stigma found to start early 民族性がらみの恥辱経験は、小学校生活で早くも始まる 多数派民族の同輩(マジョリティ)と比べて、少数民族(マイノリティ)の子は、恥じいる頻度が高く、学業にも不安を抱きがち 差別を受けた子は通学が嫌になったりするけれど、学業には燃えて成績で頑張ったりする 日本ではこの手の調査は大変少ない。この少な...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 「自分は人種差別の犠牲者だ」と感じがちな白人たち

    白人は、黒人よりも、自分は人種差別の犠牲者だと感じる頻度が高い2011/05 Whites believe they are victims of racism more often than blacks 白人は、彼らがアメリカの人種偏見の第一の犠牲者であると信じています。 白人と黒人は、黒人排斥主義の人種差別が減少した点については同意します。 しかしながら、白人は、収入、持ち家、健康、および仕事がらみの「逆の人種差別」が黒人排斥主義の人種差別より大きい問題である...
      → 全文を表示する

・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。