偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

「差別解消のコツ」のタグを含む記事

  • 偏見の心理学→ スポンサーサイト


      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 偏見の逆を行って偏見を打ち消そうとする人々

    差別される人々は、偏見をはねのけるべく画策する「そのステレオタイプには該当しない私です」とふるまいがちになる被差別者 2013/04 PSYCHOLOGICAL SCIENCE People present themselves in ways that counteract prejudices toward their group 2013/04 LiveScience Discriminated Groups Strategize to Avoid Prejudice 差別的に見られている、偏見を持って扱われている、それはすなわち「**に属する人は、●●な連中に違い...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 逆境ではなく、逆境感が人を差別的にさせる

    しんどいご時世は、仲間の範囲を狭めさせるかもしれません 2012/11 Tight times may influence how we perceive others白人の学生を集めて、2種類の実験をしてみました。■ 学生にどちらかのスライドショーを見てもらう。・閑散とした職場の図に「仕事が無い!」の表示・にぎわっている職場の図に「良い仕事がいっぱい!」の表示そのあと、「微妙に白人とも黒人ともつかないように見える(合成の)人物写真を20種類(男性顔1...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ いじめや差別をなくしたいならまず先生から率先して

    同性愛差別を解消するには、まず先生から 2005/04 EurekAlert Onus is on educators to protect students from anti-gay bullying イジメられやすい子をいじめから守る上で、教育者の責任は大きい。 「ホモ」や「レスビアン」などのレッテルを貼られた子はいじめの対象にされやすい。 なにかとつけ、からかわれたり暴力を受けたり差別されたり。 教育者は、おのれの思い込みこだわりや個人的感情を排して、すべての学生にま...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 偏見持ちの生徒は先生が育成するのかも

    生徒の先入観は先生が作ります 児童のグループ分けと教師の態度の影響実験 2001/07 Center for the Advancement of Health Teachers Influence Students' Formation of Prejudiced Beliefs  学生が不公平な信念を形成する上で、教師は影響を及ぼします。●子供の服の色で組み分けしたり物事を決めつけたりする教師だと、服の色グループに対する偏見を行使する生徒が多くなる。●夏休みのキャンプで生徒を黄色シャツ組と青シャツ...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 男の先生と女の先生、どちらが生徒の成績アップする?

    ・国語の読みが苦手な男の子は、女の先生に教えてもらうと良く伸びる・「男ができて当然」と偏見されている科目は、男の先生の元で男子が伸びやすい・女の先生は「男ができて当然」と偏見されている科目は、女子にあまり熱心に教えなかったりする● しかし、それらよりなにより成績に最も影響が大きいのは、先生の性別ではなく、各先生の個々人の「教え方の上手下手」! 『男?女?先生の性別と生徒の成績のいけない関係 』先生個...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 差別的表現に配慮しても、差別対策には効果が見られない場合

    言い回しをいじっても効かない?うわつらを整えても、根の信念と価値観には変わりはないかも 2010/08 EurekAlert Rhetoric, framing efforts have little influence in same-sex marriage debate「同性愛者カップル」の代わりに「同性カップル」と表記し、「ゲイの権利」の代わりに「市民権」と表現し、 ・・・ 言葉の表現に配慮したとしても、かようなレトリックやフレーミング効果は、こと「同性間結婚問題」に関しては、た...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 親が差別を受けていると、お子さんが病みがちになるかも

    親がかかえる逆境ストレスは、子供の健康に悪影響かも 2012/03 EurekAlert Perceptions of discrimination may adversely affect health of immigrants' children, NYU study shows母親が「自分は(民族や言語で)差別を受けている」とみなしている場合、子どもがお医者にかかる頻度が高くなる。母親が知覚している被差別ストレスが、14ヶ月までの乳幼児の健康にマイナスの影響として現れたのではないか。14カ月までの健康な幼...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 偏見を持ちにくいタイプの人はこんな人!

    偏見のない考え方ができる人ってどんな人?2007/11 【日本語記事】wired.jp 差別の根源は「否定的な連想を持ちやすい感受性」:研究結果 差別的でない人は、物事一般に関して「否定的な連想」をしない傾向が強い●白人のうち約7%は、偏見テストで測定される「偏見度」が顕著に低い。 これらの人は、人種問題に限らず一般的な物事に関して否定的な連想をすることが少ない。 2007/09 EurekAlert New study discovers why few ...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 一年生は偏見に弱い?大人が教える偏見に染まりやすいのは小学校低学年

    小さなお子さんは、自分の体験したことより大人の言うことに考えが染まりがち。 2012/03 LiveScience Young Kids Take Parents' Word on Prejudice幼い子は、自分の経験より大人の偏った判断を信じがち「あの連中は意地が悪いんだぞ」と大人に言われた小学1年生は、「あの連中」と仲よく遊んだ経験があったとしても、「あの連中」のことをネガティブにみなすようになる。しかし、小学5年生くらいになると、聞いたことを鵜呑み...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 「ヤツらは怖い」ヨソ者に対する恐怖は強くなりがち

    自分と同じ人種に対する恐怖より、異人種に対する恐怖のほうが、強く残りがち 2005/07 EurekAlert NYU, Harvard study shows fear learning is influenced by race「ヘビが怖い」「クモが怖い」なみに、異人種に対する恐怖は強く残りやすい 2005/07 MSNBC Race fears linger like dread of snakes 2005/08 News-Medical.Net   Human beings show greater persistence of learned fear toward members of another race than t...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 穢れ偏見に効くワクチンはいかが?

    社会的偏見に対するワクチンの接種 2011/12 A vaccination against social prejudice「ばっちいでしょ!」病気に罹りそうな不安を感じると、穢れっぽい人々に対しての偏見や忌避感が概して強くなる。●インフルエンザの怖さについて注意喚起すると、ワクチンを接種していない人は、ワクチン済みの人より強く、移民に対する反感を示した。●「あなたが受けたワクチンの予防効果は高いですよ」と聞かされた人は、病気がらみの偏見をあ...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 避難民の子供たちと仲良くなる偏見突破術

    偏見、それは友達がいないから? 2005/11 EurekAlert Getting to know you: How familiarity breeds respect When someone in our social group makes friends with someone from another background, the chances are that our own prejudices will break down百聞は一友にしかず 社会的偏見を解消する手っ取り早い方法は、偏見相手と仲良くなること。 仲間の誰かが、異なる社会的背景の誰かさんを友人になさったなら、それ...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 性差別や人種差別が格差社会を招くわけ

    性差別も人種差別も精神的な機序は似通っている 2011/11 EurekAlertBoth sexism and racism are similar mental processes 偏見的な態度は、特定の社会集団について「彼らは**な人間だ」とする仮定を元に展開される。「女は男より劣っている」「女は母性愛的であり守られるべき存在だ」などの性差別的なもののみかたが強い人は、人々は平等に扱われなくてもよい、とみなしがちなのです。もともと性差別は、権威主義や支配欲な...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 性差別的な考えの人が多いほど、社会は男女不平等

    世界57カ国対象の調査結果社会とは個人の集合なり 2011/10 Sexism and gender inequality性差別と男女不平等 個人の信念は個人の内にとどまらず、社会の機能に影響を及ぼす 57カ国からのデータを元にした大規模調査を実施 その結果、(わかっちゃいたけど)個人の性差別が、社会全体の男女不平等をもたらすことを確認いたしました。・女より男のほうが政治に向いている・女より男のほうが経営に向いているこんな回答をする人...
      → 全文を表示する

  • 偏見の心理学→ 性差別的に育った男は治らない?

    男女で違う男女平等への道 2002/05 EurekAlert!  Paths to egalitarian gender attitudes differ  性差別の少ない社会を望むのであれば、男は男女平等な家庭で育ったほうがいい。 女は成長してからの教育でも充分だけど、男は家父長な家で育ったらまず望み薄なんです。 両親がいて、母さんがフルタイムで働いていて、父さんは家事や育児をこなして母さんをサポートしてくれる。そんな家庭で育つなら、性差別観を持たない男子...
      → 全文を表示する

・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。