偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

スポンサーサイト

カテゴリー「スポンサー広告」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上級職の人は「低級職の人=人間性に乏しい奴ら」と見なしがち?

カテゴリー「偏見の研究 国際NEWS」

ステータスが高い職にある人は「地位が低い連中より我々のほうが人間味にあふれているのだ」とみなしがち

偏見の心理学→ 2012/02 Occupational status differences in attributions of uniquely human emotions

 ヒト心理として、「仲間ではない」とみなした人間相手だと、あまり人間的な扱いをしないというか、平気でひどいことをしてしまうような心性に陥りがちだという指摘はかねてより。 これは内集団偏向/ネポティズムってやつだね。
 人間性希薄化 (infrahumanization) 理論では、集団がどうであれ、「仲間ではない連中」の人間性は薄く見積もるものであるらしいよとしてきたけれど、このあたりの検証で用いられてきたのは、たいがいは民族とか人種とかでの集団セッティングだったりしてきてた。

 さても、この人間性希薄化 (infrahumanization) 現象を、社会的階層(職業集団の地位)から見てみると、面白いことがわかりましたよ。

● ブルーカラー : ホワイトカラー
 (肉体労働・単純労働 : デスクワーカー・知的労働
● 弁護士 : 小売店の店主
● 高校の先生 : 大学教授/小学校の先生

 こんな感じで組み合わせて、「この集団に属する人をどうみなすか」を探っていくと、

相手方よりステータスが高い職の側だけが、「自分たちのほうが彼らより比較的、人間味にあふれている」という判断の偏りを示した

 それに対して、相手方よりステータスの低い職の側では、高位職の人を人間味に劣るとはみなさないどころか、「彼らのほうが我々より人間味に恵まれている」と見なす傾向さえ出ていたわけで。
(低い地位の集団側の人では、属性がらみでは人間性についての偏見を全く示さなかったか、もしくは、より高いステータスのグループのほうを高く評価しさえする方向に偏っていた。)

 自分の属する集団の社会的地位の違いによって、偏見の傾向が異なってくる点に、留意が必要ではないか。


British Journal of Social Psychology 2012 Feb 21.
Occupational status differences in attributions of uniquely human emotions.
doi: 10.1111/j.2044-8309.2011.02094.x

「先入観、暗示、思い込み」


arama この傾向は、日本でも確認されますか?

 これ、イギリスでの研究なんですけど、日本語では直感的には把握しづらい「人間性希薄化 (infrahumanization) 」概念とか、高校の先生と大学教授/小学校の先生を対比させてるとか、ちょっと「イギリス方面特有」の文化環境事情がからんでいそうなので、微妙といえば微妙なんですけども。

 しかしまあ、

「鳶職人と一級建築士とでは、どちらが人間的に高い(ヒト感情がすてきな)人たちだと思う?」

「コンビニの店主と経営コンサルタント、どちらが人間的に高い(ヒト感情がすてきな)人たちだと思う?」

みたいな設問を、はたから見てる外野の人間に問うのではなく、「本人たち」自身に答えさせているのがオツですよね。
 日本でもふつうに実験できてしまえそう。

uhee 自分が就いている職の人たちより、人間的に高尚そうな人が多いと思える職は何ですか?
 その職は、あなたの職よりステータスが上ですか?

「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」


※ もちろん、これは「偏見」についての研究なわけでありまして、「実際にステータスと人間性に相関があるのだ」という話ではございませんですよ。o

 どっちかというと、「人間は置かれた立場によって、心がこんな偏見を示すようになるのだ」というお話でございます。

「先入観、暗示、思い込み」
スポンサーサイト

性差別をする父さんが多いと、専業主婦が増える?

カテゴリー「偏見の研究 国際NEWS」

父親が抱いている性差感覚は、娘の将来に影響を及ぼすかも

偏見の心理学→ 2013/01 LiveScience Daddy's Sexism May Influence Daughter's Ambitions

娘さんが選ぶ進路に、父親の性差別観が落とす影

男女平等な考えを持ち、実際に家事を分担するなど言動が一致しているお父さんがいるご家庭だと、「社会で頑張る」ことを目指す娘さんが育ちます

直接的に娘の考えが父親によって縛られているのかは検証できないけれど、影響を受けている可能性は考えられる。

アンケート調査をした結果、父親が「男はこうあるべき、女はこうあるべき」的な、男女役割のステレオタイプな考えに固執しているほど、娘さん自身が「将来は外に出て働くより家にいる方がいい」と思う度合が強くなっていた。

差別観の強い父親だと、娘が「女の子の遊び」を好み「女の子らしい服装」をしたがる傾向も強かった。

父親の影響度合は、母親のそれを凌駕していた。
父親の性差別感の影響は、息子ではさほど顕著な相関は観察されなかった。

Toni Schmader
the University of British Columbia

「先入観、暗示、思い込み」


unun 「男女平等な考えを持つお父さんがいるご家庭だと、社会で頑張ることを目指す娘が育つ。」
 ということは。

 こないだ「専業主婦になりたい女性が増えた」という報告が出ていた日本社会だけれど、これは「劣悪な男女差別的社会規範が是正されない」日本社会ならではの現象だ、という面があったりする?

 「専業主婦になりたい」とおっしゃる女性さん、育ったご家庭にいたのは家事をしないお父さんでしたか?

 ほかにも、女子の数学嫌いに関して「父親が持つ女性差別観念が強いほど影響は甚大」だとする報告もございます。

偏見の心理学→ 『男女差別をする父親だと算数が苦手な娘が育ちがち』

「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」


 親が持つ世界観が、子供の進路に影響与えまくり。
 親は、意図してか知らずか、子供の将来性にすごい刻みこみを行なってしまっているのかもしれない。

 上は、「父さんの影響でかい」という話でしたが、スペインでの調査では、父親より母親のほうが影響でかいと出ています。
 文化によって父と母の影響度合は違ってくるのかもしれません、まあ、いずれにせよ、「差別意識に親の影響はある」、という話にはなっています。
性差別的な態度の刷り込みで、母が最も影響大
 バスク地方大学での研究
2011/09 EurekAlert Mothers are the most responsible in transferring of sexist attitudes
お子さんは、ご家族からジェンダーロールを学びます。
 母親の性差別的な態度と、子どもが持つ性差別的態度の間に相関
 父さんがどのくらい性差別主義者か、よりも母さんの性差別観のほうが影響大
 女って、差別の犠牲者だと思うんだけど、これは皮肉だねぇ
 性差別的態度が強い女は、性差別的態度が強い男と結婚しがちなんだそうな
 各家庭の社会経済状態や文化的レベルも、性差別に相関が見られる
 低所得、低学歴なほうが、性差別傾向が強いんですよ

 「日本で昨今専業主婦になりたい女性が増えた」の報告でも、「社会階層の下のほうで、専業主婦志向が強めだった」と出てましたね。
 社会格差が顕著になるほど、階層の影響が強く出る→下層で専業主婦志向が強まる、そんな現れであるのかもしれない。

 周りに、そんな傾向は観察されますか?

「先入観、暗示、思い込み」


男女差別をする父親だと算数が苦手な娘が育ちがち

カテゴリー「偏見の研究 国際NEWS」

娘が数学苦手なのは父親のせい!?

偏見の心理学→ 2007/06 ScienceDaily  How Dads Influence Their Daughters' Interest In Math
 「男は理系ができて当然、女に数学は無理」と、親が才能をくじいている
 特に、父親が持つ偏見が強いほど、影響は甚大。

 息子にばかり、算数の知育おもちゃを買い与えたり、科学やメカの話をしたり。
 親の性差別観が、子供の将来の進路にまで影響を及ぼしてしまう。

ミシガン大学 U-M Institute for Social Research   Pamela Davis-Kean

「先入観、暗示、思い込み」


 算数パズルのようなおもちゃ、息子にだけ与えたりしてませんか。
 科学大図鑑のような本、息子にだけ与えてたりしてませんか。

 もしかすると、工学分野に進んでものすごい高給取りになる可能性を秘めた女子であっても、親が「女子に数学は似合わない」と思っていると、進路の選択肢から理系がごっそり削除されちゃうかもしれないんだ。

 科学的原理や因果関係などのレベルの高い科学的な話が、科学博物館での親子の会話の中にどのくらい含まれているかを分析した結果,男児相手では4割が高レベルだったのに対し,女児の場合には科学的な話はわずか1割だった。
 〜 ●本『ジェンダーの心理学』

 女子が周囲から理科の成績を「期待されていない」と思う傾向は、日本で顕著だ。
 国際的な高校生意識調査で「女性より男性のほうが科学技術者に向いている、とは思わない」と答えた女子の割合は7ヶ国中最低だった。
 〜元村有希子 ●本リンク『科学者ってなんだ?』


 女子のほうが算数が苦手だ、というのは、完全に「性差別的な社会文化の影響」であって、実際には男女に理系の才能自体の差はない、というのが、いまどきの性差研究ではガチデフォルトになっています。

 科学に佇む心理学→ 『偏見が女を縛る:数学の才能は女にもたっぷり』(非公開)

 お子さんたちの算数のお点に、男女差が観察されるのであれば、それは「女子の才能を伸ばさない、差別的な環境が存在している」兆候だとみなしていいのでしょう。

 ・・・そういえば、高校のとき、チョー数学得意だったキレもの女子、ふだんから裁縫とか花嫁修業に勤しんでいて、さっさと専業主婦になってたっけ・・・

 ・・・そういえば以前、男女差別についての話題をやりとりしていたとき、そこに参加してきた高校の先生(女)に「算数の才能に性差はない、教師が差別意識を持っていると女子の算数成績が下がりがちになる」という報告を紹介したらそれきり黙っちゃったんだけど、その先生、「算数は女子に向いてない」信者だったのかな。

 →『偏見の影響で成績が下がる!』


 
「先入観、暗示、思い込み」
・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。