偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな脳の生徒は「算数苦手」偏見に克つよ


数学苦手の暗示に打ち勝つ機序を、生徒の脳に見た

偏見対策の心理学→ 2011/10 EurekAlert Brain study reveals how successful students overcome math anxiety
 集中力やネガティブ感情を司る前頭葉や頭頂葉の活動と、学生の数学恐怖症に強い相関があることが脳スキャンでわかるよ

 自分の中の不安や感情をコントロールできる子は、算数の成績が良くなります。
 先生は生徒に、算数にとりかかる前の「心を整える」すべを教えて上げるといいでしょう。


「先入観、暗示、思い込み」


「苦手だ」思い込みは、発揮できる能力を萎縮させます。
「苦手だ」の思い込みが解消されると、点数は伸びます。
 科学に佇む心理学→ 『偏見の影響で成績が下がる:不安を解消すると成績が良くなる』

●先入観、暗示、思い込み


 算数の成績がらみで、ちょくちょくこんな意見に出くわします。
 「女子は算数苦手偏見で萎縮しやすいし、男子は男子だけで数学やったほうが伸びるから、男女別教育にしろ」
 いやいやいや。
 男女別教育をすると、「男女の違い」という偏見(硬直したものの見方や考え方)が温存されたままになる。
 男女別教育で育った場合、のちのち社会に出たときに、男女混成の世の中をうまく渡っていけるでしょうか。

 環境を男女別教育にして個人を訓練せずにやりすごすよりは、個人に不安解消&偏見解消のスキルを身につけさせて男女混成で教育するほうが、実際の成績にも、その後の人生にもプラスになる、なりますよね?

 科学に佇む心理学→ 『多様な子と組めば、子どもは伸びる』
 科学に佇む心理学→ 『男女別教育だと、性差別観に染まりがち』

ehe 一説によると、自分の中の感情をコントロールする「瞑想」訓練あたり、数学不安の克服に良いそうですよ。

 科学に佇む心理学→ 瞑想の科学:メディテーションで脳レベルアップ

「先入観、暗示、思い込み」

・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。