偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非人扱いする人の脳を見る心理学者スーザン・フィスク

歓迎されざる者を見た脳、残虐行為に道を開くかも

偏見の心理学→ 2011/12 A brain's failure to appreciate others may permit human atrocities

 社会的な相互作用(人間関係)を営む上で大事な脳部位(共感能力)が作動停止すると、人間は他者に対して抵抗なく残虐な行為を遂行できるようになる。
 この機能は、いわゆる 嫌われ者 に遭遇した時にオフになるっぽい。
 そのせいで、普通なら作動する「これは感情や思考がある存在だ」というみなし(共感力)が、嫌われ者に対してはなくなってしまうのだ。

● 社会階層が下だとみなされるような、麻薬中毒者やホームレスをめぐる思考では共感脳が反応しなかった。
● 共感脳は動物や自動車に対してでも反応を示す(「もの欲しそうな犬だな」「どんくさい車だなぁ」)のに、ホームレスの物乞いには視線さえ合わさない。

プリンストン大学 心理学者スーザン・フィスク Susan Fiske
デューク大学 心理学・神経科学准教授ラサーナ・ハリス Lasana Harris

今回、119人の大学生を対象に調査を行った:
まず、4種類のキャラ設定を見せ、
 1,女子大生&アメリカ人男性の消防士 (プライド)。
 2,ビジネスウーマン&金持ちの男性 (嫉妬)。
 3,高齢男性&障害者の女性 (あわれみ)。
 4,女性のホームレス&麻薬中毒者の男性 (嫌気)。
彼らの日常生活を想像させたあと、以下の各項目について評価をさせてみた。
 温かみ、能力、類似性、親しさ、その現況がどのくらい本人の責任なのか、現況に対してどのくらい彼らは主導権を発揮しうるか、知性、感受性、自己認識、人生の安定度、そして、いわゆる人間らしさ・・・
 次に、設定キャラの絵を見た状態の脳をMRIでスキャン。
 あんのじょう、以前の調査でも確認されていたとおり、「社会的な相互作用にかかわるニューラル・ネットワーク」が、「麻薬常用者、ホームレス、移民、貧民」などに対しては反応を示さなかった。

ハリス曰く「これは、人間性抹殺が複雑な現象であることを示しています。この機序について、さらに正確に解明するためにさらなる研究が必要です。」

偏見の心理学→ Journal of Psychology
"Dehumanized Perception:A Psychological Means to Facilitate Atrocities, Torture, and Genocide?
人間性を失わせる知覚
DOI 10.1027/2151-2604/a000065

「先入観、暗示、思い込み」


git ホームレスや麻薬中毒者を「非人扱いする」脳反応については、研究が行われたのは今回が初めてなのではなく、かねてより同じスーザン・フィスクが調査を重ねている。
 今回はそれを踏まえた上での、フィスクと神経科学者との共同研究だったわけだ。
偏見の心理学→ 2009/02 【日本語記事】National Geographic
 『男性はビキニの女性を“対象”とみなす』
 プリンストン大学の心理学者スーザン・フィスク氏

● 男性はセクシーな女性の写真を「押す、つかむ、扱う(I push, I grasp, I handle)」といった一人称の動詞と結び付ける傾向がある

● 「性差別意識が激しい」と評価された男性はビキニ姿の女性の写真を目にしたとき、考えや意思を持つ人間としてとらえるような脳の活動が見られなかった。
 この男性たちは女性を 支配の対象、男社会への侵入者 とみなす傾向がある。

● 社会的認知にかかわる脳の領域が活性化しなかった例は、過去にもある。
 その研究では、ホームレスや麻薬中毒者など、不快感をもよおすような写真が被験者に見せられた。

 ヒトには、相手が人間であろうがなかろうが、「不快」な存在に対しては「共感」機能がオフになるような性向が仕込まれている。
 逆に、「好感」が持てる存在に対しては、それがヒトであろうが動植物であろうが、はては単なる岩やお日様であっても、それら対象に「気持ち」や「意図」を見て取ったりしてしまう。
 前者は虐殺や虐待、後者はアニミズムや信仰を、生み出したりする。

 それらは、本来は、正しい機能ではないし、間違った機能でもない。
 我々にできることは、「どのような機能であれ、今の状況で、特定の立場から見て”正しい”と目されるような作動を招く」ように、現状況を設計調整することでしかない。
 その調整をどのレベルから行うか。
 個人の日常レベルで行うか、大枠から見た社会設計から行うか。
 レベルを何層くらい踏まえた上で調整にたずさわれるか。

 さらなる調査は必要だし、調査を待たずして今ここでの日々の実行・実践も必要となる。

 「不快」な相手に対して、共感と思いやりを発揮できますか?
 「慈悲心」を日々惹起できていますか?

「先入観、暗示、思い込み」


■ スーザン・フィスク Susan Fiske

 著書もいろいろある、その方面では名の知れた心理学者さんです。

●本リンク削除Social Neuroscience: Toward Understanding the Underpinnings of the Social Mind (Oxford Series in Social Cognition and Social Neuroscience)
●本リンク削除Envy Up, Scorn Down: How Status Divides Us
●本リンク削除Handbook of Social Psychology, 5th Edition, Volume Two

科学なポッドキャスト「自分を見る目、他人を見る心」
 スーザン・フィスク:Susan Fiske
【podcast 音声】【英語】Seeing ourselves as others see us
MP3ファイル 30分
2006/04 All in the Mind  ABC@Australia
 自分が他者をどう認識するか
 他人が自分をどうみなしているか
 「彼ら」と「あの人」とで異なる認識が生じる機序:偏見と性差別

 この音声ファイルは内容をテキストで読むことができます。
 ネット All In The Mind
 「読みながら聞く」ことができて、英語のヒアリング練習に持ってこいです。


人間は誰しも極悪非道な所業をしでかしてしまいうる
 拷問行為の心理学
2004/11 EurekAlert Could Abu Ghraib happen again?
2004/11 New Scientist Everyone is a potential torturer
 スーザン・フィスク、アブグレイブ刑務所の事件について語る

「先入観、暗示、思い込み」
・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。