偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

差別のされすぎはあなたの健康を害するおそれがあります

人種差別はあなたの健康を害するおそれがあります

偏見の心理学→ 2012/01 EurekAlert Discrimination may harm your health, according to new Rice study
 差別的な状況に遭遇した際、黒人の18%、白人の4%が、感情的ストレスや身体症状を訴える

 ふだん差別的状況に悩まされることが多いであろう黒人成人はもとより、人種的に不公平な扱いを受けた白人成人でも、健康がかんばしくない旨申告している。
 数の上では、差別扱いに悩む白人は黒人より少ないが、彼らは差別を受けている黒人より体の不調を訴える度合いが強い。

 差別の影響は、かねてより指摘のある「被差別民と医療格差」の関係に出ているのではないか。
 長期的な研究が必要とされる。

Is Discrimination an Equal Opportunity Risk? Racial Experiences, Socio-economic Status and Health Status Among Black and White Adults
doi: 10.1177/0022146511405336
Journal of Health and Social Behavior September 2011 vol. 52 no. 3 365-382

「先入観、暗示、思い込み」


whoa 差別を認識する。自分が差別される立場にあると認識する。
 この認識は、ストレスを招きます。
 自分が「逆境にある」と知覚する。
 端的に言えば、「逆境ストレス」。

 差別に限らず、貧困、災厄、そして「希望のなさ」などによって発生する「逆境ストレス」は、健康をそこなうように作用する。
 この現象については、かねてよりいろいろと報告が上がっています。

偏見の心理と逆境の健康影響→ 2011/10 貧困に限らず、ストレスが及ぼす影響はこれだ
偏見の心理と逆境の健康影響→ 2011/11 貧困ストレスで人間は細胞レベルから病んでいく
偏見の心理と逆境の健康影響→ 2011/10 格差社会がひどすぎると、脳がヤバい?
偏見の心理と逆境の健康影響→ 2011/11 ストレスと血圧から考える格差社会の寿命問題
偏見の心理と逆境の健康影響→ 2011/12 低所得層のお子さん、健康がヤバいかも

 白人のほうが、差別された時の逆境反応が激烈だった。
「数の上では、差別扱いに悩む白人は黒人より少ないが、彼らは差別を受けている黒人より体の不調を訴える度合いが強い。」
 これは、ふだんどれだけ「同じ立場の人たちと差別的状況についての対抗言説を共有できているか」が影響しているのではないだろうか。白人であれば、差別される立場に陥った時の気持ちや経験を互いに共有する頻度は、黒人の場合より少ないと推定されうる。

 これを敷衍すれば、急に経済的貧困に見舞われた人々は、「同じ立場の人たちと経済的困窮状況についての対抗言説を共有できていない」割合が高いであろうわけで、そのぶん貧困状況における逆境ストレス反応が激しくなることも予想される、というか、発生していると思う。
 慣れれば逆境ストレスが減る、という話ではないのだが、なんにせよ、心の免疫(対抗言説)の用意がない者は、ネガティブ方向への急激な環境変化によって、心の落とし所がつかないほどの激烈なストレスに見舞われやすくなるだろう。

 同様に、急に身体障害状態に陥った人は、「同じ立場の人たちとの物事の見方を共有できていない」割合が高いであろうわけで、そのぶん取り乱しやすいだろう。特に、「障害は不幸なのだ」と思い込むような差別観を持っていた場合とかね。

 どのくらい、いろんな立場における物の見方を把握できているか。そういう心の腰の強さがない場合、逆境に陥ったときにつらいことになるかもしれない。

「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」


 逆境感をいだく者が多く、かつ発信できる人間の割合が多い社会は、当然「今逆境にあるよ!」という物言いが多く発信されることになる。逆境感が世相に染み渡ってきてしまう。
 のみならず、逆境にある者は、健康度が低下し、寿命も縮まってしまう。
 差別にしろ貧困にしろ、社会的な不具合を放置する社会は、そのぶん社会の成員の「伸びうる能力」を損なう上、医療費などの福祉予算までかさませてしまうことになる。

 広く考えると差別は、社会のふところに優しくない行為だったりするわけで。

 「差別行為を受けると、感情的ストレスに襲われるのみならず、身体の具合が悪くなったりしかねない」

 同じ社会(福祉制度や経済、世相)を共有するメンバーは、健康度が高いほうがいいですよね?

「先入観、暗示、思い込み」

・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。