偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭の悪い子は、偏見持ちの大人に育ちがち


低いIQと保守的な信念は、偏見の度合いに相関する

偏見の心理学→ 2012/01 LiveScience
 Low IQ & Conservative Beliefs Linked to Prejudice
 人種差別主義者や偏見持ちさんは、単に馬鹿なだけかもしれません。

 頭の悪い子は、偏見持ちの大人に育ちがち。
 頭の悪い大人は、保守的なものの考え方に固執しがち。

 偏見や保守主義は、往々にして格差を支持し改革を妨げるわけで、低い知能の人々にとって、これは悪循環になってるんじゃありませんか。

●イギリスでの調査:
 1958年3月生まれの子と、1970年4月生まれの子で、10〜11歳時点での知能指数を計測しておいた。
 その子たちが成長して30歳をこえた時点で、保守傾向と偏見持ちの度合いを測定。

質問「母親がフルタイムで働きに出るのは家族にとって良くないこと?」
質問「共に働く人間が異なる人種の人であっても気にならない?」・・・

結果、知能指数が低かった子は、差別的な思考の大人に育っている傾向が出たわけで。
加えて、認知能力がかんばしくない人々では、自分と異なる立場の人との交流が比較的少ないと出た。

頭の余裕が少ない人は、「異なる立場に立ってものを考える」余裕があまりないのかもしれない。

 ・  ・  ・  ・  ・ 
※ なお、この調査結果は「頭が良い人は偏見を持たない/バカはみんな保守主義だ」という話ではありませんので、短絡なさいませんよう、悪しからず。
 あくまで、大勢をむりくり平均して数値にすると「ちょっと多めに、かような傾向が観察される」という話なだけでございます。

偏見の心理学→ 心理学者 Gordon Hodson
 カナダ・オンタリオ州のブロック大学
 Brock University in Ontario

偏見の心理学→ Bright Minds and Dark Attitudes
Lower Cognitive Ability Predicts Greater Prejudice Through Right-Wing Ideology and Low Intergroup Contact
Published online before print January 5, 2012
doi: 10.1177/0956797611421206
Psychological Science January 5, 2012 0956797611421206

「先入観、暗示、思い込み」


 まあ、その。
 前から「頭の悪いヒトは、偏見的なものの考え方に惹き寄せられやすいよ」という話はちょくちょく紹介してきてはいたんだけれど、もろストレートに「偏見持ちさんは単に馬鹿なだけかもしれません」な記事が流れてきちゃいましたよ。
 身も蓋もございません。uhee

 さて、今度は
「この人間は偏見持ちだから、頭が良くない人に違いない」
「この子はアタマが悪いから、保守的なバカに育つだろう」
こんな偏見が、生産されていってしまう可能性は?

 個々人を理解する前に、どんな先入観を当てはめて思考してしまっているのか、日々自覚的に生きていくことができれば、それにこしたことはないのですが・・・。

「先入観、暗示、思い込み」

・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。