偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成績を伸ばす信念、成績を伸ばさない偏見

「頭の良さは努力しだいだ」と考える生徒はよく伸びる

偏見の心理学→ 2007/02 EurekAlert
Students who believe intelligence can be developed perform better

中学生の数学の成績、「努力すれば伸びる」と考える子は、「頭の良さとか、努力しても変わんないじゃん無駄じゃん」と考える子より、実際よく伸びる。

その1『12歳時点の中学生373人を2年かけて調査』

知性は訓練で高めることができる、とみなす子は、知性は人によって決まっているものだ、と考える子より、成績が良さげだった。
のみならず、「知性は伸ばせる」派の子と、「努力しても頭は良くならないと思う」派の子の成績は、2年間のうちにどんどん差が開いていってしまったんですよ。

その2『数学の成績がかんばしくない12歳91人で調査』

2つに組分けし、一方には「努力しだいで頭の良さは伸びるのだ」と教え、もう一方にはそのような情報は与えずにおいて、数学の補習を行った。
その結果、「努力しだいで伸びるんだってさ」組の子は、「そんな情報知らない」組の子よりも、数学の成績がしっかりアップしたのでした。

Implicit Theories of Intelligence Predict Achievement Across an Adolescent Transition: A Longitudinal Study and an Intervention
by Blackwell, LS (Columbia University), and Trzesniewski, KH, and Dweck, CS (Stanford University).

「先入観、暗示、思い込み」


chitchit 「自己有効感」と言うんでしょうか。
「自分はどうなりうるのか」 その可能性の範囲をどう見ているかによって、自分の可能性が実際に違ってきてしまう、そんな心理、そんな現象ですね。

 自分の人生の可能性を、どうみなしているか。
 「やっても無駄だ」と考えるか、「やればなんとかなる」と考えるか。
 それによって、損得がかなり違ってきてしまう。

科学に佇む心理学→ 「年寄りは衰えてあたりまえ」とみなす高齢者は衰えがち
  ┗ 「老人=ヨボヨボ」とみなす若者は老いてヨボヨボになりやすい

科学に佇む心理学→ 自分の将来に刷り込まれる社会観の妙
  ┗ 高すぎる理想に縛られる子は優等生コースに進む

科学に佇む心理学→ あきらめて生きる人々が作られる場合
  ┗ ベストを尽くさないぶん損をする

カースト的なマイノリティーは、「努力楽観主義」を持っていない。つまり、努力すれば報われると信じていないため、手にできる機会を十分に活用していないことが多い。

〜ニスベット ●本リンク削除『頭のでき 決めるのは遺伝か、環境か』


かつての高度成長期の日本、そして現在急成長中のインドや中国では、「努力さえすれば、素晴らしい未来が開ける」という世界観・将来観の中に人が生きていた/生きている。

ひるがえって、災害と不景気により、おもきし斜陽観に浸潤されてしまっている、今の日本。
「どうせ」「無駄」「先が見えない」「アテニナラナイ」
これらの斜陽観は、実際に暗い将来を呼び込んでしまいうる。

 このことについて、自覚的であれるか否か。
 自覚的に心を御せるか否か。

 強く考えておくべき時節なのではないかと。

「先入観、暗示、思い込み」
・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。