偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「若い連中はダメ」な情報に飛びつきがちな熟年層

50歳を超えたあなた、若いもんがダメダメだ、的な話がお好きでしょ?

偏見の心理学→ 2010/08 Over 50? You probably prefer negative stories about young people
50才以上ですか? あなたはおそらく「若年層についての悪い評判話」を好む人ですね。

18〜30歳の若者層178人と、50〜65歳の熟年層98人で調査。
「これから公開される予定のオンラインマガジンについてうかがいます」的なアンケートとしてセッティング。

・若者についての  良い記事
・熟年の人にまつわる良い記事
・若者についての  ネガティブな記事
・熟年の人についてのネガティブな記事

いろいろ取り混ぜて提示して、すべてをじっくり読んでもらう時間はないので、どれか好みの記事をクリックして読んでみてくれ、と選択させてみた。
モニタ上で読んでもらったわけで、誰がどの記事をどのくらいの時間をかけて読んだのか、ぜんぶ記録して解析可能。

● 結果。

熟年層は、比較的「若者についての ネガティブな記事」を選んで読む率が高かった。
若い層では、良し悪し以前に熟年層の記事を選ぶ率は少なく、若者についてのポジティブな記事を読む傾向が強かった。

● オンラインマガジンを読んでもらったあとで、各被験者自身のセルフ・エスティーム(自己評価、自尊心)を測定する質問にも答えてもらった。

若い層では、選んだ記事とセルフ・エスティームとの間には特に関連は見られなかった。
ところが、熟年層では「若者についての ネガティブな記事」を選んだケースでセルフ・エスティームが高く出る傾向が見られた。


2010/09 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 年配者は「若者の悪いニュース」を好む
 ┗ 年配の人は、若者に関する悪いニュースを読むと自尊心が高まる

2010/09 【日本語記事】ロイター
 年配者、若い世代の悪いニュース好む傾向=米調査

われわれの社会は若者を中心とした文化のため、年配者は自分より立場が上のように感じる人の悪いニュースを読みたくなるのでは


「先入観、暗示、思い込み」


ni つまり、コンプレックスの作用じゃないかという話ね。

こんな公式を作ってみると汎用性が高くなるかも。
自分は●●ではない
  ↓
●●に対して、「引け目を感じる、いまいましい、あんなんでいいわけがない」的なコンプレックスを感じている
  ↓
●●についての悪い評判があれば、「引け目を感じなくてすむ、ざまあ、いわんこっちゃない」的に安心できる


「ネットユーザ」たちはブイブイいわしているが、自分は「ネットユーザ」ではない
ネットについての悪い評判があれば、「引け目を感じなくてすむ、ざまあ、いわんこっちゃない」的に安心できる

「Twitterユーザ」たちはブイブイいわしているが、自分は「Twitterユーザ」ではない
「Twitter」についての悪い評判があれば、「引け目を感じなくてすむ、ざまあ、いわんこっちゃない」的に安心できる

「中国人」たちはブイブイいわしているが、自分は「中国人」ではない
「中国人」についての悪い評判があれば、「引け目を感じなくてすむ、ざまあ、いわんこっちゃない」的に安心できる

「専務」はブイブイいわしているが、自分は「重役」ではない
「上司」についての悪い評判があれば、「引け目を感じなくてすむ、ざまあ、いわんこっちゃない」的に安心できる

「若人」たちはブイブイいわしているが、自分は「若人」ではない
「若人」についての悪い評判があれば、「引け目を感じなくてすむ、ざまあ、いわんこっちゃない」的に安心できる

「先入観、暗示、思い込み」


・・・他者の悪い面ばかり見ていると、悪い偏見の強化につながるばかりか、「自分はどうすれば良くなれるかに」ついての状況改善の道が閉ざされることにもなりかねない!


「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」


これらの思考の元には、「やつら」と「おれたち」はちがうという意識がある。

「若者についての ネガティブな記事」を読んで気持ちが和らぐ人は、「自分は若くない&若いものとは異なる立場にある」という自己暗示に陥っている可能性がある。
仲間だとは思っていないし、いっしょに扱われたくないという意地が根にあったりする。
壁を作っているんだ。

こう、「若くない」という自認の内容がネガティブなものだと、その人生後半すごく損することになるかもしれません。

偏見の心理学→ 「年寄りは衰えてあたりまえ」とみなす高齢者は衰えがち
偏見の心理学→ 「年寄り=ぼけ」偏見で高齢者はボケやすくなる

顰蹙を買おうが体力過信するなと突っ込まれようが、万年「若い気分」でいたほうが、いろいろとトクかもしれません。

「先入観、暗示、思い込み」
・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。