偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一年生は偏見に弱い?大人が教える偏見に染まりやすいのは小学校低学年

小さなお子さんは、自分の体験したことより大人の言うことに考えが染まりがち。

偏見の心理学→ 2012/03 LiveScience Young Kids Take Parents' Word on Prejudice
幼い子は、自分の経験より大人の偏った判断を信じがち

「あの連中は意地が悪いんだぞ」と大人に言われた小学1年生は、「あの連中」と仲よく遊んだ経験があったとしても、「あの連中」のことをネガティブにみなすようになる。
しかし、小学5年生くらいになると、聞いたことを鵜呑みにせずに自分の経験に基づいての判断をするようになる。

学校における偏見対策の教育を考える上で、これはなんぼか示唆的であると思われ。

子どもは、3〜6歳あたりから、ものごとを先入観やステレオタイプに基づいて思考するようになる。
小学校にあがる頃になると、性差別や人種差別はよくないことだと理解できるようになってくる。

「先入観、暗示、思い込み」


■ 第一のゲーム

小学校一年生、三年生、五年生を161人用意して、「これから赤組と青組に分かれてゲームをしてもらうよ」と伝える。
で、全員を赤組に振り分ける。
赤組になった状態の子に、「赤組のコップ3個、青組のコップ3個」を渡し、「ここにお菓子が10個あるからコップに入れてあげて。お菓子はコップの持ち主に届けるから」と分配をさせる。
この作業を終えた子を3つの条件グループに分ける

大人が先入観を伝えただけ●「青組の子はいつも赤組に意地悪をするんだよ」と伝える
嫌な経験だけ●青組がどうだとは特に伝えないが、「青組の子がお菓子を分けたあなたのコップ」をカラの状態で渡す。
嫌な奴情報と嫌な経験のダブルパンチ●「青組の子はいつも赤組に意地悪をする」と聞かされた上、「青組の子がお菓子を分けたあなたのコップ」をカラの状態で渡される。

ゲーム終了後、青組に関してどう感じたか、一連の質問を行った。

「嫌な経験だけ」の一年生は、「青組は意地悪だ情報」の子よりも青組を肯定的に評価した。
つまり、一年生は相手について、自分の経験よりも大きく、大人の言葉に基づいて評価を下している。

三年生は、自分の経験も、大人の言葉も、影響は同程度にみられた。
五年生になると、大人の言葉よりも自分の「コップがカラじゃん!」に基づいて、強く相手の評価を下していた。

「先入観、暗示、思い込み」


■ 第二のゲーム

上の実験に参加したのとは別の子を148人用意して、似たようなゲームを実施する。
今回はこうやる。
「嫌な情報と素敵な体験」●大人は「青組は意地悪だ」と言うが、青組からたくさんお菓子もらった!
「良い情報と嫌な体験」●大人は「青組は良い連中だ」と言うが、青組の子はお菓子をくれなかった!

結果、一年生はやはり、自分の経験より「大人が言うこと」のほうに偏った判断を下しがちだった。
五年生は、大人が言うことより、自分が実際に貰ったお菓子の量で判断を下していた。

「先入観、暗示、思い込み」


■ 大人はどうすべきか

一面的な評価を伝えることは避けて、ものごとや人々の多様さについてのポジティブな面を強調して伝えるべきではないか。
自分側と異なる立場の人々との交流を避ける方向に導くべきではない。

Sonia K. Kang, Department of Psychology, University of Toronto
Young Children Learn About Prejudice by Instruction, Older Children by Experience - Society for Personality and Social Psychology

[ Personality and Social Psychology Bulletin ]
Stigma Building Blocks: How Instruction and experience Teach Children about Rejection by Outgroups
【PDF】 Stigma Building Blocks

2012/03 EurekAlert Young children learn about prejudice by instruction, older children by experience

「先入観、暗示、思い込み」


o 小学校低学年の子は、自分が体験したことよりも、大人の言うことのほうになびきがち

 小学校低学年に比べると、小学校高学年は、こんなに思考が成長してるんですよ、的なお話でもあります。

 ご自分が小さい頃のことを覚えているようであれば、「あのときは親の言うことを鵜呑みにしちゃってたな」とか「あの頃には親(や先生)の言うことが、けっこううさんくさくなってきたよな」とか、思い当たることがあるんじゃないでしょうか。

 発達心理と進化心理学を合わせ技にして解釈をすると、「一人でじゅうぶん自分自身の面倒も見られるし、食料も確保しに行ける」年齢になれば、大人の言いなりに真に受ける必要は少なくなる。
 まだ幼くて、「一人では生きていけない、大人に依存する必要がある」年齢の段階では、自分の経験より大人の権威に頼ったほうが安全性が高い。

 小さい頃、『カムイ外伝』の忍術ノウハウや『キン肉マン』の超絶論理づけをめちゃめちゃ「そうなのか!すげー!」と鵜呑みにしていた人も多いはず。今考えれば「なんであんなもん真に受けてたんだろう」と自分で自分に愕然とするのでしょうけれど、これも「大人の示すものごとを鵜呑みにする時期」ならではの現象だったのかも。

「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」


 それはそれとして。
「理屈」ではなく「感情」や、「自分は何ができそうか」の自己有効感は、小学校の半ばまでにかなり強く刷り込まれます。
その年代に、
 ●あの子たちと遊んじゃいけません!
 ●放射能が!
とかむやみにやってしまうと、その刷り込みが長く人生に影を落としてしまうことになりかねない。
科学に佇む心理学→ 自分の将来に刷り込まれる社会観の妙
 ┗ 「自分が社会(人間の群)の中で、どの程度有効性を発揮できるのかの直感的・感情的な枠組み」が、幼いときに経験した立場によって刷り込まれる

この世は危険で、信用ならない危ない人が多い世界ですか。
この世は平和で、親切な人にたくさん出会える世界ですか。

お子さんに、この世について、どう感じさせておきたいですか。

「先入観、暗示、思い込み」

・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。