偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言語で態度が変わりうる!使う国語を切り替えると偏見度合いが違ってくるかも

バイリンガルの言葉の切り替えで、民族の好感度も切り替わる

偏見の心理学→ 2010/11 EurekAlert Language appears to shape our implicit preferences
言語は私たちの考えに影響を及ぼすのみならず、好き嫌いをも左右しうる
 2か国語を駆使できるバイリンガルさんたちで調査。
 どちらの言語に切り替えるかしだいで、人種や民族に対する好感度が変化する

 社会集団に対する態度や好感度は、お天気や流行などの些細な要素によってかなり左右されることは知られている。
 今回、どの国/民族の言語を用いるかによっても、国/民族に対する好感度が変わってきてしまうことを確認してしまいました。

 チラ見・チラ聞きさせられる単語を速攻で次々と分類していく心理テスト(IAT)を使用。
実験に参加してくれたのは、
●モロッコ在住の、アラビア語とフランス語のバイリンガルさんたち。
●アメリカ在住の、英語とスペイン語バイリンガルのヒスパニックさんたち。

●モロッコでは、アラビア語で心理テストをすると、モロッコ人に対する好感度が上昇。
 同じ被験者がフランス語でテストを受けると、モロッコ人に対する選好は検出されなくなった。

●同様に、アメリカで、スペイン語で心理テストを受けたヒスパニックは、スペイン系の人に対する好感度が上昇。
 同じ被験者が英語でテストを受けると、ヒスパニックに対する選好は検出されなくなった。

 「同じ人間が、言語を切り替えるだけで、これほどまでにも異なる心を示しうるというのは、かなりショッキングでした。」

Oludamini Ogunnaike, Yarrow Dunham, Mahzarin R. Banaji.
“The language of implicit preferences”
Journal of Experimental Social Psychology Volume 46, Issue 6, November 2010, Pages 999-1003
http://dx.doi.org/10.1016/j.jesp.2010.07.006

2010/11 HarvardScience  Change languages, shift responses
2010/11 Harvard College Language Appears to Shape Our Implicit Preferences

科学に佇む心理学→ 『サピア=ウォーフ仮説再考・2008』

「先入観、暗示、思い込み」


ouch 使う言葉によって、民族に対する好感度が変わってくる
 モロッコ人はモロッコ系の言語で喋るとモロッコについて好意的に思考する。
 フランス語で思考するとモロッコびいきがなくなる。
 スペイン系はスペイン語で言動すると、スペイン系についての好感度が高くなる。
 英語で思考するとスペイン系びいきが消える。

 バイリンガル比率が少ない日本人さんにとっては、これは少々わかりづらい現象かもしれない。

 ここはひとつ、方言で置き換えて考えてみるとどうだろうか。

 標準語も使えるネイティブの大阪人は、「大阪弁」で思考するときと、「標準語」で思考するときとで、大阪人や関東人に対する心持ちは違ってくるだろうか。

 標準語も使えるネイティブの東北人は、「東北弁」で思考するときと、「標準語」で思考するときとで、東北や東京に対する心持ちは違ってくるだろうか。

 東北弁も使える名古屋人は、「東北弁」で思考するときと、「名古屋弁」で思考するときとで、東北や名古屋に対する心持ちは違ってくるだろうか。

 ・・・自分は標準語と大阪弁のバイ(どっちかというと大阪ディアスポラ)だが、「大阪弁を用いると大阪選好が強く出うる」点については強く首肯する。ただし、大阪弁に関しては、メディア上の吉本のさばり影響が尋常ではない異常な状態にある言語なので、九州弁/名古屋弁/東北弁/沖縄言葉などのほかの主要方言とは、単純には同列に扱えない可能性がある。

 国内方言におけるご当地選好みたいな心理現象について、特に研究がなされていないのであれば、誰かここはちょいと手を出してみると面白いかもしれない。

「先入観、暗示、思い込み」


 しかし、こうして考えると、大手メディアも、標準語一辺倒ではなく各地方言を多用していれば、各地方の不当な自尊心低下(こんな地方で何ができる/うちら田舎もんですからetc.)を引き起こすこともなかったかもしれないんだよね。

 今現在、世界の言語は、大量絶滅が激甚進行中。さまざまな民族の言葉が、どんどん失われていっている。
 科学に佇む心理学→ 『言語消滅=思考の貧弱画一化』

 民族独自の言語は、民族のプライド(選好)と直結している。
 民族の言語が、メジャーなヨソモノ言語に取って代わられると、自民族についての選好度も削り落とされてしまう。
 自民族/地方文化を守りたければ、自民族言語/地方方言を、保護するべきだ。
 言葉が心を守る。言葉を守らなければ、言葉で共有すべき心は失われる。

 自民族に対する偏向と偏見について、使用言語も含めた大きな枠から、ひととおり見なおしてみるのも乙かもしれない。

「先入観、暗示、思い込み」
・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。