偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親が差別を受けていると、お子さんが病みがちになるかも

親がかかえる逆境ストレスは、子供の健康に悪影響かも

●右画
偏見の心理学→ 2012/03 EurekAlert Perceptions of discrimination may adversely affect health of immigrants' children, NYU study shows
母親が「自分は(民族や言語で)差別を受けている」とみなしている場合、子どもがお医者にかかる頻度が高くなる。
母親が知覚している被差別ストレスが、14ヶ月までの乳幼児の健康にマイナスの影響として現れたのではないか。

14カ月までの健康な幼いお子さんをお持ちの移民母親98人にインタビュー。(ドミニカ共和国やメキシコからアメリカに移民してきた人々)

・仕事場で、民族を理由に不当に扱われたことがありますか
・言葉の問題で失礼な対応をされたことはありますか
・お子さんがお医者にかかった回数をお教え下さい
・ご自分が所属する民族を誇りに思いますか

これらの結果を、アメリカに来て3年以内の移民さんと、もう長いことアメリカにお住まいの移民さん(平均14年)とで比較検討。

●子どもがお医者にかかる頻度が高かったのは、
 移民してきて間もない人々で、
 民族や言葉の問題で差別を感じ、
 かつ、自民族に対してあまり誇りや愛着を抱いていない人々だった

●自民族に愛着を持ち、誇りにしている母さんたちでは、かようなストレス影響は見られなかった

●もうだいぶアメリカ住まいに慣れたであろう先輩移民たちでは、自民族へのこだわり如何にかかわらず、「言葉の問題で差別を感じている」母さんたちで、お子さんがお医者にかかる頻度が高めと出た。


「先入観、暗示、思い込み」


nn 差別の知覚とは、広くとらえれば「逆境にあるがゆえのしんどさのストレス」に含まれてくるでしょう。
 逆境にあるがゆえのストレス。
 貧困しかり、八方ふさがりしかり、不平等な扱われかたしかり。
 いずれも「逆境ストレス」。

強い逆境ストレス(簡単にはチャラにできない逆境感)は、心の健康にも、身体の健康にも、マイナスの影響をおよぼすことが、再々指摘されています。
 科学に佇む心理学→ 『ストレスと血圧から考える格差社会の寿命問題』

また、この報告では調査対象が「14ヶ月まで」の乳幼児になっていますが、「2歳まで」の環境が逆境(ストレスの多い環境)であると、その影響はのちのちまでも尾を引いてかなり深刻であるとの報告が多くあります。
 科学に佇む心理学→ 『日本の養子縁組:2歳しばりの恐怖と養子縁組ゲーム』

直接、暴力や虐待を受けていなくても、乳幼児は周囲の人間の声や表情に敏感に反応する関係で、「親の機嫌」それだけで、ストレス感から免疫がトラブることもある。
 科学に佇む心理学→ 『貧困ストレスで子育てパターンはどう悪化する?』

「先入観、暗示、思い込み」


 ひとつ、救いであるのは「自分が所属するグループを誇りに思う」人では、差別ストレスの影響は小さくなっているということ。
 黒人などほかの民族や人種のケースでも、「差別扱いされた所属枠のことを誇りに思って愛着している」場合、差別(不当な扱い)を受けたとしても、「黒人であることを誇りに思っている」のであれば、差別ダメージをモロに受けてしまうことは少ない。はねかえせる。

 逆に、「**であることを恥じている」「**である自分を嫌っている」場合、差別によって直撃ダメージを受けやすい。
 故郷を恥じている場合、故郷を侮蔑される攻撃がクリティカルになりやすい。
 自分の出身に誇りを感じることができない場合、実際問題それだけでストレスであったりしてしまう。

 差別とは、不当なレッテルで不当に扱われること。
 「**であることを恥じている」「**である自分を嫌っている」そんな弱点を持っているのであれば、それはもしかして「不当なレッテルによる不当な扱い」そのものではないのか、自問してみると吉。

 **である自分に、引け目を感じている
 あなたの場合、「**」には何が入りますか?
 それで差別されている、と感じたことはありますか?

「先入観、暗示、思い込み」


この論文の著者の1人は、お名前が「Hirokazu Yoshikawa よしかわ・ひろかず」さん。
日系なのか日本人なのかは定かではありませんが、 ハーバード大の人(お写真あり) で、去年単著もお出しになられています。

●本リンク削除Immigrants Raising Citizens: Undocumented Parents and Their Young Children
●本リンク削除Making It Work: Low-Wage Employment, Family Life, and Child Development
●本リンク削除Toward Positive Youth Development: Transforming Schools and Community Programs

 いい仕事なさってますねー。unun

「先入観、暗示、思い込み」
・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。