偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

敗因の解釈に差別観!スポーツ報道の表現に見て取れる人種差別

メディアの試合解釈に見えてくる、職場の人種がらみ偏見

偏見の心理学→ 2012/02 EurekAlert
 Media portrayal of race in sports reveals biases in corporate world
 スポーツ報道に見られる人種についての描写は、実業界の偏見を明らかにします。

アメリカには初の黒人社長がいるだろうし、トップ500企業には、初の黒人女性CEOがいる。しかし、トップ500企業のうち、最高経営責任者が黒人である会社はわずかに1%ぽっきり。
その原因はなんなのか。
現象の写し絵になりそうな興味深いデータが、意外な分野からゲットできましたよ。

●カレッジフットボールのクォーターバック(最高責任者)に言及した新聞記事を集めて調べてみました。
 すると・・・
クォーターバックが黒人であるときの敗因は、リーダーシップの悪さのせいにされる
クォーターバックが黒人であるときの勝因は、黒人の身体能力が高いからだとされる
 「リーダーシップが良いから勝てた/身体能力のまずさで負けた」とは言われない。
 そのうえ・・・
チームが負けたとき、黒人は白人の場合よりも「無能だ!」呼ばわりされることが多いのだ。

2012/02 Media portrayal of race in sports reveals biases in corporate world
2012/01 Black Quarterbacks Take Hits in the Media as Well as on the Field

「先入観、暗示、思い込み」


suji 黒人がやることなすこと偏見で解釈!

同じ失敗でも

 ・男では「ドンマイ」「そういうこともあるさ」
 ・女だと「いわんこっちゃない」「ほらやっぱり」

 ・若い者だと「ドンマイ」「そういうこともあるさ」
 ・高齢者だと「いわんこっちゃない」「ほらやっぱり」

 ・西欧人だと「ドンマイ」「そういうこともあるさ」
 ・中国人だと「いわんこっちゃない」「ほらやっぱり」

こんな場面の偏りに出くわしたことはありますか?

メディア上で観察される報道表現の偏りには、こんなものもあるのだそうです。
ノーベル賞報道の性差:

男性の受賞者は、才能の非凡さが賞賛され、常軌を逸した言動も「らしい」と肯定的に描かれる。

女性の受賞者は、世界的研究のみならず普通の女らしい仕事でも有能なのだと強調される。

〜小川真里子 ●本リンク削除『フェミニズムと科学/技術』

小川眞里子 氏の最近の提言はこちら:
※ SciencePortal オピニオン 「Dual-Career Academic Couples - 研究者同士カップル問題」

「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」


声のかけ方ひとつ、結果の受け取り方ひとつで、そこにあらわれる解釈の偏り!
しかもわりと自覚ない!

うーん、そこが、偏見や差別のこわいところなんですよね・・・

「先入観、暗示、思い込み」
・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。