偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の先生と女の先生、どちらが生徒の成績アップする?

・国語の読みが苦手な男の子は、女の先生に教えてもらうと良く伸びる

・「男ができて当然」と偏見されている科目は、男の先生の元で男子が伸びやすい

・女の先生は「男ができて当然」と偏見されている科目は、女子にあまり熱心に教えなかったりする

● しかし、それらよりなにより成績に最も影響が大きいのは、先生の性別ではなく、各先生の個々人の「教え方の上手下手」!

科学に佇む心理学→ 『男?女?先生の性別と生徒の成績のいけない関係 』

「先入観、暗示、思い込み」


eei先生個人の資質を見るのをめんどくさがって、「男の先生は」「女の先生は」と手を抜いて考えてしまうと、それは「性差別」に堕してしまうのです

「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」


問題は、性別ではなく、各人の教える「腕前」。
男であろうが、女であろうが、下手なら下手だし、上手な先生はちゃんと子どもの心も成績も伸ばす。

・教師が競争で成績を上げさせようとすると、学級が崩壊しやすい

・上手な先生は、グループ学習で協力的な問題解決努力を奨励する

・偏見やイジメ感覚に抵抗がない先生は、生徒の偏見行動を育てる
生徒をいぢめたことがある小学校の先生は半数近いわけで(アメリカ)
2006/06 EurekAlert Nearly half of elementary school teachers admit to bullying


 詳しくは、以前に記したこちらに資料をいろいろ置いてありますのでどうぞ。
 科学に佇む心理学→ 『男?女? 先生の性別と生徒の成績のいけない関係 』

「先入観、暗示、思い込み」

・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。