偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偏見持ちの生徒は先生が育成するのかも

生徒の先入観は先生が作ります

 児童のグループ分けと教師の態度の影響実験
偏見の心理学→ 2001/07 Center for the Advancement of Health
 Teachers Influence Students' Formation of Prejudiced Beliefs
 学生が不公平な信念を形成する上で、教師は影響を及ぼします。

●子供の服の色で組み分けしたり物事を決めつけたりする教師だと、服の色グループに対する偏見を行使する生徒が多くなる。

●夏休みのキャンプで生徒を黄色シャツ組と青シャツ組に分けた。

・黄色組はスゴイぞ的なポスターがある部屋+色分けを気にしない教師
・色分けを気にしないポスターの部屋+色分けで生徒の評価を変える教師
・黄色組はスゴイぞ的なポスターがある部屋+色分けで生徒の評価を変える教師

 ポスター(人的関係ではない情報)は生徒の偏見獲得度合いには影響しなかった。
 教師(上の立場から与えられる社会的観念)は明白に生徒の偏見獲得度合いに影響を及ぼした。

●上の立場に居る者は、子供を特定の表象によって組み分けしたりラベリングしたりするのは控えたほうがいい。
 例えば
  「男子は女子と仲良くしなさい」
  「男子と女子でペアを組みなさい」
それすらすでに、不必要かつ不適切な社会的ラベリングの刷り込みであったりするわけで。


教室・教育・偏見・いじめ


「先入観、暗示、思い込み」


o この実験報告では、招集されたお子さんたちの年齢が記されていないのですが、子供の場合、年令によって社会的情報からの影響受けやすさがなんぼか違ってきますので、ちょっと微妙ではある。

偏見の心理学→『一年生は偏見に弱い?大人が教える偏見に染まりやすいのは小学校低学年』
 ┗ 子どもは、3〜6歳あたりから、ものごとを先入観やステレオタイプに基づいて思考するようになる。

「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」


 でも、かような不足部分を差し引いても、「偏見(勝手な決め付け)に抵抗感度が高い大人が居てくれたかどうか」は、子供に大きな影響を与える。
 その事実は、変わらない。

 教師だけではない。
 親が、社会的にどのような態度を、子供に示してきたか。
 親戚が、どのような価値観を周囲に浴びせてきたか。
 どんな大人が、先輩が、いてくれたのか。

「先入観、暗示、思い込み」

・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。