偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめや差別をなくしたいならまず先生から率先して

同性愛差別を解消するには、まず先生から

偏見の心理学→ 2005/04 EurekAlert Onus is on educators to protect students from anti-gay bullying

 イジメられやすい子をいじめから守る上で、教育者の責任は大きい。

 「ホモ」や「レスビアン」などのレッテルを貼られた子はいじめの対象にされやすい。
 なにかとつけ、からかわれたり暴力を受けたり差別されたり。

 教育者は、おのれの思い込みこだわりや個人的感情を排して、すべての学生にまっとうな学びの機会を与えるべきである
 しかし、教育の場で、イジメ行為に対して見て見ぬふり聞かぬふりをする先生が多いのが現状だ。
 教育者が状況に対して介入をせず、放置する、それがイジメ行為を増悪させていく。

 差別的行為や偏見が黙認されてしまう状況では、すべての生徒が苦しみに陥ることになる。
 差別的行為や偏見を黙認してしまう教育者は、それが社会的に許される行為であるというメッセージを発することになる。

 北米における調査では、性的少数者の生徒たちは
  言葉で罵られる:8割
  暴力を受けた:4割
  学校は安全な場所だと思えない:6割強

 カナダやアメリカでは、いじめや偏見の放置によって教育を受ける機会を奪われたとして、生徒側が教育委員会を提訴
 教育者側が敗訴している。

※ 【PDF】The 2003 National School Climate Survey
The School-Related Experiences of Our Nation’s Lesbian, Gay, Bisexualand Transgender Youth

「先入観、暗示、思い込み」


eely 先生の影響は、たいへん大きいのです。
偏見の心理学→ 『偏見持ちの生徒は先生が育成するのかも』
 ┗ 「偏見(勝手な決め付け)に抵抗感度が高い大人が居てくれたかどうか」は、子供に大きな影響を与える。
 偏見やえこひいきをする先生が担任だと、生徒も偏見やえこひいきに染まってしまうのだ。

 いじめ行為の存在を黙認(容認)する教師のもとで学ぶと、いじめ行為の存在を黙認(容認)するお子さんに育ってしまう。そんな恐れ。

 近代の子供が「不特定多数の他人と接する態度」を習得する場は、学校になっている。
 人生の初期に習得した「社会的態度」は、その子の人生に長く影を落としうる。
 社会的刷り込みは、大人になっても尾を引くんだ

 学校、大丈夫か?

「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」
「先入観、暗示、思い込み」

・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。