偏見の心理学→ 偏見チェックの心理テスト

偏見の心理学→ 偏見の影響で成績が下がる

偏見の心理学→ 男女別教育は性差別を強める

偏見の心理学→ 混成チームは偏見解消にも成績にも良い

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

服を変えると人種も変わる

着ている服が違うだけで、人種が違って見えちゃうよ

偏見の心理学→ 2011/09 EurekAlert Changing race by changing clothes

衣装で偏見チェック!
 ビジネススーツを着せると白人だとみなされやすい
 作業着を着せられると黒人だとみなされやすい
2011/09 BBC News Clothes influence race perception ←写真あり
2011/09 Looking the Part: Social Status Cues Shape Race Perception

「先入観、暗示、思い込み」


 白人と黒人の顔をモーフィングで混ぜて、「とっても白人〜どっちか微妙〜とっても黒人」の複数の段階の顔を作り、それぞれに
 ・ホワイトカラー(事務職、ビジネススーツなど)
 ・ブルーカラー(作業着、肉体労働者風など)
の服を合成で着せて、「白人に見えるか黒人に見えるか」を問う。
 「とっても白人」「とっても黒人」は当然それぞれ白人、黒人に見えるとして、「どっちか微妙」な顔は、ホワイトカラーを着ていると白人っぽく、ブルーカラーの服だと黒人っぽい、と判断されがちである。

 これはアメリカでのテスト結果。

 似たようなところで、「とっても女〜どっちか微妙〜とっても男」の複数の段階の顔を作り、それぞれに
 ・ホワイトカラー(事務職、ビジネススーツなど)
 ・ブルーカラー(作業着、肉体労働者風など)
の服を合成で着せて、「女に見えるか男に見えるか」の性差別偏見テストも調べてみて欲しい。

 「とっても若い〜中年〜とっても老人」バージョンも面白いかも。

「先入観、暗示、思い込み」

・ テーマでチェック







 → 記事の全タイトル一覧



・ ブログ内を検索する
・ リンク
科学に佇む●endbooks

Since 2011/10
偏見の図解




・ QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。